エンジン不調の対応

2013/11/16

画像の表示に失敗しました。
今のFCのエンジンは当初、とんでもなく不調でした。
かなり改善されているので、参考までに経緯を紹介したいと思います。

ECUは中村屋 ECOCPUを搭載です。

症状
・燃料が濃い ・排気ガスがスス交じりでリアの汚れがひどい。

・アイドリング時に息継ぎはしないが、エンジンが大きく振動する。

・燃費が悪い(4km/L) ・パワーがない。

・ダイアグにエラーはない。

・走ると普通にエンジンの回転はスムーズ。

対処
・補記類を調子のよいFCと入れ替えてみる

エアフロメーター、イグナイターを換えてみました。
また、プラグも新品に交換しましたが効果なし。

・水温センサー、ノックセンサー、吸気温センサー、燃料ポンプを交換
特に効果なし。

・O2センサー異常があったためO2センサー交換
特に効果なし。

・燃料供給関連の部品を交換燃料系部品の交換
中村屋にてフューエルプレッシャーレギュレーター及び、
燃料フィルター、燃料関連ホースを交換。
フューエルプレッシャーレギュレーターの交換は
中村氏に作業を行って頂いたのですが、
サージタンクを開けたときにガソリン臭がしたため
燃料がサージタンク内に漏れていることが分かりました。
ここでインジェクターの不良がわかりました。

・インジェクターの交換(4本)
画像の表示に失敗しました。
激的に調子がよくなりました。
外したインジェクターは固まった燃料のカス?みたいなの詰まっていました。
このため、噴射口がしまりきらず、サージ内に燃料が漏れ、燃料が濃くなっていたようです。
まさに、こいつが原因だと考えられます。

特にあまりエンジンを動かしていない、保管されてた車両は注意です。

これで一気に症状は改善されましたが、エンジンを回せば調子が良いのに、
暫く低回転で街乗りすると 改善前ではないにしても、
エンジンの振動が気になる状態でした。

・イグナイターの交換(中古)
だんだん症状が悪化してきた気がしたので
中村屋の中村氏に相談したところ
「 コイル劣化によるプラグのかぶり」
というアドバイス頂きました。
そこで、ストックしていた中古のイグナイターを
接点復活材で掃除して交換すると、若干改善されました。
この際、接点復活材はしっかり拭き取るか、
直接噴射せず、布かなにかに着けてから接点を磨くほうがいいかもしれません。
拭き取らないとエンジンかからなかったので・・・

今回の不具合で、かなりの細かい部品を新品に換えました。
それでも絶好調ではないので、 今後も部品がなくなる前に
できるだけ新品交換して行こうと思います。
特に大物が残ってる・・・

追記(2014/7/21)

・デポジットクリーナー投入
燃料に添加するマツダ純正のスレッジ等を洗浄剤
デポジットクリーナーです。

これはメーカーの説明ではロータリーには利用できない
と記載されていますが、これは検証が取れていないためで
元FC3C乗りのフロントマンの方が使用していて
プラグのやけ具合が常に綺麗だったため
試しに施工してみようという話になりました。

入れてからすぐに効果が現れました。
燃料が完全に入れ替わっても症状が再発しないことから、
ついに解消されたと考えられます。

完結
ついに不調が改善されました。

完全に絶好調とまでは行きませんが、低回転で走っていても
振動が出てくることがなくなりました。

おそらく、燃料の通り道が汚れていたことが
原因ではないかと考えられます。

ホースなど、燃料の通り道をすべて交換するのが
一番かもしれませんが、それなりの費用が発生します。

その点、このクリーナーは3000円くらいなので
一度試してみるのもアリかと思います。

ロータリーに限らず、車はエンジンをかけて
走行してあげないと人間と同じで
老廃物が溜まってしまい、調子を崩してしまうと思いました。

Reportsに戻ります。