2014 マツダファン・サーキットトライアル
岡山・夏ラウンド

2014/6/14

画像の表示に失敗しました。
車両のアップデートを予定していましたが
いろいろあって未実施・・・

冬と同じ仕様での走行となりました。

以前実施したクーリング対策のおかげで
午前中は9
6℃以上になりませんでした。
しかし、11時30分からの走行では
7周くらいで100℃に達してしまいました。

スプリントレースなら最後まで全開でいけるかも?
でも、タイムアタック専用なので2、3周持てば良いので
とりあえずパワーアップの準備はできた感じです。
(パワーアップ=水温上昇)

この日のベストは
1:55.361
車載は以下です。

今大会は自動車研究家でレーシングドライバーの
出来 利弘さんがコースを走る車両を見て
ドライビングのアドバイスを頂けるという
うれしいサービスを受けることができました。
こんなチャンスを活かさない手はないので
私もアドバイスを受けました♪

マシンを自分の物にしているので
今のドライビングで良いがステアリングの操作が
急で、個性ではあるがもう少しスムーズにすると
良いかもしれないとのことです。

後日、カーファクトリー亜衣のメカニックさんにも
車載を見て頂きました。
今回は良くなっていたようです♪
もう少し丁寧に走れば1秒は普通に上がるとのこと・・・
まぁ、半年振りでいきなりは厳しいので
2,3周したあたりから良くなって着てるみたいです。

総括すると
「クリップをしっかり詰める!」
(リボルバー・パイパーで車載に縁石が映っていてはダメ)

「コーナー進入のブレーキングが甘い!」
(ダラダラっとコーナーに入っているのでメリハリよく?)

「リアがブレイクしないように丁寧なアクセルオン!」
(リアが大きくスライドしてしまうとタイムロス)

といった感じでしょうか・・・

個人的には今回、車速を落としすぎないことに
重点を置いていましたが、その分ブレーキングが
甘くなっていたようにも感じます。

コーナー侵入で限界ブレーキングで且つ、
速度を落としすぎないようにすれば
ダラダラっと進入している点も改善できるのかな?

まぁ、その辺も練習しないとダメですね;;

画像の表示に失敗しました。
ラジアル50秒切り目指して精進あるのみ!

Reportsに戻ります。